白内障目薬can-c

白内障目薬can-c/白内障治療は目薬の時代

白内障目薬can-c

白内障の原因は、加齢による酸化が原因で水晶体が濁ってしまい、最後には見えなくなってしまう目の病気です。

 

これまでの目薬ですと、白内障の症状を抑える目薬は存在していたのですが、白内障を改善させる効果のある目薬は存在していませんでした。

 

CAN-Cは、この目の水晶体の酸化作用を防ぐだけでなく、還元作用があり、酸化してしまった水晶体を還元することで、元のクリアーな状態に戻す働きのある目薬です。

 

 

実際アメリカでは約5万人の白内障患者にこの白内障の目薬を使用したところ、約90%の人に効果が出たと言う結果が報告されています。

 

一番白内障の目薬CAN-Cの効い目がいいのは、白内障になって7年以下の人だと言われています。

 

もちろんそれ以降の人にも十分に効き目がありますが、最大の効果が得られるのが7年以内が目安です。

 

アメリカでの臨床検査による調査で下記のような報告が出されています。

 

白内障目薬

 

88.9%にグレア(不快感や物が見えづらくなる眩しさ)感度が改善された。

 

41.5%にレンズ透過率の改善が見られた。

 

90%に視力の改善が見られた。

 

白内障と診断されたら、とにかくこの白内障目薬CAN-Cを試してみて下さい。

 

白内障になったら、将来必ず手術をしなければいけない時代は終わりました。

白内障目薬CAN-Cはペットにも使用していただけます

ペットも年を取ってくると人間と同じように白内障を患います。

 

症状は、目が白く濁ってきて素人が見ても白内障に掛かっていることが分かります。

 

CAN-Cは人間だけでなく、愛するペットの白内障の治療にも役立ちますので是非使用してみて下さい。

 

人間にとっても目はなくてはならないものと同じで、犬などのペットも目が見えなくなる事は、非常に不幸で悲しい事です。

 

白内障になった、犬や猫は音だけを頼りに毎日の生活を送りますので、どうしてもぎこちない動きになって、年を取った事が飼い主にもわかるようになります。

 

 

今まではどうすることもできず白内障が進んでいくのを待つだけでしたが、現在では白内障を治療することが可能になりました。

 

大切なペットが老いていく姿を見ることは、とても悲しいものです。

 

ペットは口を利くことが出来ないので、飼い主が注意をして見守ることが大事ですよね。

 

特に目は一番気が付いてあげやすい部分ですので、白く濁り始めたら飼い主も気が付くとは思いますます。

 

そんな時CAN-Cなら、その子たちを救ってあげることが出来るんです。

 

死亡にまでは至らなくても、ペットの健康を常に気にしながら長く一緒にいてあげることが、お互いにとって幸せなことですから。

 

大切なペットと長く楽しく暮らしていくためにも、白内障目薬CAN-Cはお役に立ちます。

白内障症状

白内障が進むと瞳孔(ひとみ)の部分の水晶体に濁りが現れ、この濁りを通して物を見ることになり、いろいろな症状が現れてきます。

 

代表的な症状を説明します。

 

1)眼鏡を替えても視力が戻らない。

 

白内障になると水晶体(レンズ)が白く濁るため、見たものを映像として映し出す網膜まで光が到達しにくくなります。それにより、目で見たものが、はっきりと網膜に映像として映し出されないため、物がぼやけて見え、視力が低下した状態になるので、眼鏡を替えても視力が上がりません。

 

2)物がかすんで見える。

 

透明な水晶体(レンズ)ではなく白く濁った水晶体(レンズ)を通して物を見るため、物がはっきりと見えず、霧がかかったようにかすんで見えます。

 

3)光がまぶしく感じる。

 

白内障とはいっても水晶体(レンズ)全体が濁るわけではなく、白く濁った部分と透明な部分が昆在するため、光が乱反射して、普段以上にまぶしく感じます。

 

また、瞳孔は、明るさに応じて広がったり、縮んだりしています。

 

そこで、水晶体のどの部分に濁りがあるかによって、いろいろな症状が出ます。

 

水晶体の中央の小さな部分だけに濁りがある場合には、暗いところでよく見え、明るいところだとかすんで見えます、これを「昼盲」といいます。

 

これとは逆に、水晶体の中央の広い範囲に非常に軽い濁りがある場合には、暗い場所では見えにくく、明るい場所では割合よく見えます、これを「夜盲」といいます。

 

また、個人差はありますが、初期の白内障では光が通過する瞳孔部分の水晶体にはまだ濁りがないことが多く、そのために自覚症状のない場合が多いので注意が必要です。

白内障手術

白内障の手術は、濁った水晶体を取り除き、代わりに人口の水晶体(眼内レンズ)を挿入する手術なんです。

 

手術の方法を説明します。

 

1.手術前検査

 

現在の視力、白内障の進行度、他の疾患の有無 などを確認する検査で、まぶたの状態や血液検査、心電図検査等の検査も同時に行います。

 

次に、使用する眼内レンズの度数等を決める検査など、見え方を決定するための検査を行います。

 

近年は、検査のレベルが大幅に向上し、手術への貢献度が著しくアップしています。

 

2.手術の流れ

 

1)創口作成

 

細いメスで黒目と白目の境目付近に小さな創口を作り、以後レンズの挿入などの入り口にします。

 

2)眼粘弾剤注入

 

眼内をジェル状の物質で満たし、手術が安全に行えるようにします。

 

3)前嚢切開

 

水晶体の中身を吸い出すために、水晶体を覆っている水晶体嚢と呼ばれる袋の前面を剥がして作業用の窓を作ります。

 

4) 水晶体乳化吸引

 

剥がされた水晶体嚢の窓から、超音波の出る棒を入れて水晶体を細かく砕き、同時に吸い取ります。

 

5)眼内レンズ挿入

 

中身のなくなった水晶体嚢の中に、小さく折り畳んだ人工のレンズ(眼内レンズ)を挿入します。

 

6)眼粘弾剤除去&創口閉鎖

 

眼内からジェル状物質を抜き、代わりに水を満たし、切開創を閉じます。

 

以上のような流れで手術は行われますが、一般的には15分程度の時間で手術は終了します。

 

手術後は10〜15分程度はリクライニングチェアでしばらく安静にしています。

 

看護師などのスタッフから手術後の注意事項などの説明を受けと後帰宅する事ができます。

 

麻酔は局所麻酔を使用するので、手術中異常を感じた際には声や手の動きなどで、異常を医師に伝えることができます。

 

手術当日は付添いの方を同伴して病院を訪問しましょう。

緑内障

白内障とともに多い目の病気と言えば「緑内障」です。

 

白内障よりも症状が深刻で、日本での失明原因第1位の病気なんです。

 

患者数も多く、40歳以上では20人に1人の割合で「緑内障」の患者がいるという報告もあるんです。

 

緑内障には慢性緑内障と、急性緑内障があるんです。

 

慢性緑内障の症状は、視野の一部が見えなくなる視野欠損です。

 

普段私たちは両目を使って見ているために、片方の眼に見えない部分があっても、もう一方の視野がカバーしてしまうので、視野の異常に気づかないことが多いんですね。

 

恐いのは、異常に気づいたときにはかなり進行している事が多いんですね。

 

一度失われた部分の視野は元に戻すことはできないので、早期に発見して、早いうちから治療を開始して病気の進行を遅らせることが、その後の生活においてとても重要になるんです。

 

急性緑内障は、急激に眼圧が上昇し、頭痛や吐き気、眼痛、充血などの激しい症状が見られます。

 

緑内障の進行を遅らせるためには、眼圧を下げる治療がおこなわれます。

 

一般的に、最初は薬物治療から治療を始めます。

 

緑内障のタイプや進行具合、眼圧の高さに応じた点眼薬を用いて眼圧をコントロールするんです。

 

点眼薬には多くの種類があり、数種類を組み合わせて使う場合もあります。

 

点眼薬の効果によっては、内服薬を併用する場合もあります。

 

点眼薬での治療効果が十分でない場合や、視野の障害が止まらない場合には、レーザー治療がおこなわれます。

 

レーザーで虹彩に穴を開けて房水の流れを変えたり、線維柱帯の排出口を広げて房水の流れをよくして眼圧を下げる治療です。


ホーム RSS購読 サイトマップ